aimix-BBS 無料レンタル掲示板
トップページユーザログイン重要なお知らせシステム情報サポート連絡

入室制限機能(一般ユーザーの登録と管理)

※ 本機能はオプションサービス専用です

掲示板の閲覧をIDやパスワードで保護する機能です。


無料タイプ(Hタイプ掲示板)との違いについて
  • アカウントの失効期限を設定(1時間〜無期限)
  • 投稿や各種機能についての 許可/拒否 設定
  • ログインの維持にセッションID方式が選択可(維持の情報はサーバ側で管理)
  • 対象アカウントにアイコン設定が可能
  • 制限方法は「IDとパスワード」「パスワードのみ」で保護の2種類から選択
  • 記事削除権限がある副管理者を追加可能(詳細)
  • 留意事項のページでログインの残り時間が表示されます。



入室制限のサンプル

以下の掲示板で入室制限機能をお試し頂けます。

サンプル掲示板(パスワードのみで保護に設定)
http://bbs3.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=sample4a


上記サンプル掲示板の入室パスワードと設定は以下のとおりです。

パスワード アカウントの状態
test 一般的な機能を有効にしたアカウント(Cookieで保持)
aaa 一般的な機能を有効にしたアカウント(セッションIDで保持)
guest 表示のみを許可したアカウント
test1 有効期限が切れたアカウント(ログインできません)
sample アイコンを設定したアカウント

書き込みを行なうと設定したアイコンが記事内に表示されます。



入室制限の流れ


ユーザーの追加

入室制限を行なうには、まず一般ユーザー副管理者を少なくとも1件追加します。

環境設定へログイン   ユーザーの管理ボタン   追加フォーム


ユーザーの登録がなく入室制限してしまった場合
1件も登録が無い場合は掲示板を閲覧できません。
万一この状態になった場合は以下のページから環境設定へログインし、ユーザーを追加するか入室制限を解除します。

環境設定ログインフォーム
http://www.aimix-z.com/usrserverset.html



入室制限の有効化

入室制限を有効にするには、ユーザーの追加と同じページの最上部にある
掲示板の入室制限で、以下のいずれかを選択し、「変更する」をクリックします。
  • IDとパスワードで保護
  • パスワードのみで保護

備考:

パスワードのみで保護にすると、入室フォームもパスワードの入力欄のみになります。
IDとパスワード両方の入力が煩わしい場合は、パスワードのみで保護にします。
ただし、あまり簡単なパスワードはおすすめできません。



詳細設定

ユーザーを登録すると、同画面上で登録リストが一覧表示されます。
より細かく設定を行なう場合は対象ユーザーの欄にある詳細設定ボタンを押します。

詳細設定で変更した値を適用するには最下部の設定の適用ボタンを押します。

詳細設定の項目について
アカウントの失効期限

この値を修正して適用すると、今現在からの期間に変更されます。
失効したアカウントを有効化する場合も、ここで再度期間を選択して適用します。


各種許可有無

チェックボックスを外すと、その操作が行なえなくなります。
例えば、対象ユーザー自身の記事修正削除を無効化するには、「投稿者自身の記事削除と編集を許可する」 のチェックを外して適用します。


ログインの継続時間

ログインしてから再びログインフォームが表示されるまでの時間を設定します。

毎回ログインフォームが表示されるのが煩わしい場合は長めの期間を設定する事で、快適に閲覧する事ができます。

※ セッションIDについて

ログインしたホスト名なども含めて認証するため、比較的長い継続時間にしても、通常の環境であれば安全は保たれます。



ログインの維持方式

デフォルトではCookieを使用してログインを行ないますが、Cookieが使用できない環境では
セッションIDを使用して維持を選択します。
これはサーバ側にログインの維持状態を保管するものです。


ユーザーアイコン

この項目も任意の設定項目です。

ユーザーアイコンを設定しておくと、そのユーザーでログインして書き込みを行なった際、
記事左上にアイコンが表示されます。


入室制限機能の備考

入室していられる残り時間を知りたい

掲示板上部に 「留意事項」 のリンクがありますので、これをクリックします。

留意事項のページ末尾にログインのステータスが表示されます。
「ログイン維持にセッションIDを使用しており、残り約 2分 の間維持されます」
などと表示されます。
この場合、2分を過ぎると再度ログインが必要になります。

ページ移動ごとにログインフォームが表示されてしまう

対象ユーザーの利用環境でCookieが拒否されている、または対応していないブラウザの可能性があります。
この場合は、詳細設定から対象ユーザーのログインの維持方式をセッションIDを使用した方式に変更して下さい。


投稿時にログインフォームが表示されてしまう

ログインの継続時間が短い場合、投稿記事を入力している間に期限が切れてしまう場合があります。
この場合は詳細設定から対象ユーザーのログインの継続時間を長く設定してください。


アカウントが失効しているため〜のエラーが出る

対象アカウントの有効期限が切れています。

対象アカウントを再度有効にするには以下の手順で行います。

以下のように進むとユーザー一覧が表示されますので、この中で失効と表示されているアカウントを探します。
環境設定へログイン   ユーザーの管理ボタン

対象のアカウントの詳細設定ボタンをクリックし、アカウントの失効期限を再度設定、最下部の変更の適用ボタンをクリックすると有効になります。


お問い合わせ

機能などについてご不明な点がありましたらサポート宛までお気軽にご連絡下さい。

  サポート宛


aimix-bbs 無料レンタル掲示板
- Copyright (C) 2003 aimix All Rights Reserved -